blog/吉元由美のLIFE ARTIST

HOME > blog

生き方を磨くということ 

サロンセミナー第8期のお知らせです。

 

「すべての答えは自分の中にある」

20年前、数年のトンネルを抜けて、このことを「実感」できたとき、私は迷うことも悩むことも怖くなくなりました。心が揺れることもなくなりました。
心に柱が立った、というのでしょうか。
自分の思いがぶれることはなくなりました。
そんな経験のプロセスや、それまでの経験の中で得た多くの気づきから生まれたのが「Jupiter」という歌です。

 

「吉元由美のLIFE ARTIST」は、「生き方を磨く場」です。

 

「Jupiter」に凝縮されている心の在り方のエッセンスを中心に、自分を見つめ、生き方を磨き、感性を高めていきます。

 

「心を磨く」。

心を磨いた次に大切なことは、その心を行動に表していく「生き方」を磨くこと。

私たちは日々、選択の連続です。

小さな決断、大きな選択、そのときどきに自分の中の基準、価値観と照らし合わせながら選んでいきます。迷ったり、悩んだりしながら、自分で深く納得できる選択をしていく。

高い意識を持ってそのプロセスを積み重ねていくことが、生き方を磨くことにつながっていくのです。

そして、「望むように生きる」自分を整えていきます。

ある受講生の方からお手紙をいただきました。
サロンセミナーを受講するときに叶えたいと思ったふたつのこと。
勇気をだし、自信をもってチャレンジして叶えることができたそうです。
「結婚」をテーマに受講した方は、半年後に生涯のパートナーと出会い、結婚しました。サロンでの学びや気づきが心の内側に点火して、思いを叶えていく方向へ向かうエネルギーになったのでしょう。
こうして、美しく、そしてたくましく、たましいが喜ぶように生きていく受講生といられることが、うれしくてなりません。

第8期が9月14日より開講となります。
これから、気持ちが内側に向いていく季節です。
ぜひこの機会に、サロンセミナーで新しい自分を創造なさってください。

詳細、お申し込みはこちらです。

https://asp.jcity.co.jp/FORM/?UserID=lifeartist&formid=127

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

 

1太陽と大ピラミッド.JPG

ひとりひとりの中で見つけるもの

今朝、LIFE ARTISTの第二期の受講生の方からメールが届きました。

 

「大掃除をしていたらLIFE ARTISTのテキストを読み返して、心洗われました」

 

なんてうれしいメール!

ちゃんと届いているし、ちゃんとキャッチしてもらえている。

こんなひとことが、頑張ろうという力になります。

先日、江原啓之先生とお話をしていて、私の中で確認したこと、承認を得たことがたくさんありました。

ひとりひとりの中で自分を育てていくことが大切、

誰かや、何かに依存しているかぎり本当の「心の自由」は得られない。

たとえば、私は伝えているだけであって、受け取る人の感性によって100にもなれば、1000にもなります。

依存していると、フィルターがかかって気づけない。

期待が外れたときには、相手に刃が向かう。

いわゆる陰性転移を起こしやすいのです。

 

ひとりひとり、自分の中の神様と出会っていくことが、その魂を高めることになるのだと思います。

メールの最後に、またうれしいメッセージが。

「今日も魂が喜ぶことをして、自分の特性を役立てていけるようがんばります」

この言葉を自分でも。

小さなサロンセミナーですが、やっぱりこつこつと続けていこうと思います。

IMG_1577 (1).jpg

 

 

 

Teaching is learning.

淑徳大学人文学部の客員教授に就任しました。

Teaching is learnig.

この報告をしたときに、関西大学の白石真澄先生がおっしゃった言葉です。

まさに、この言葉を痛感している日々。

サロンで伝えること、言の葉塾で伝えること、講演で伝えること。

今年は前期後期の特別講義、来年から毎週の授業が始まります。

今日は石井ふく子先生の特別講義があったので受講してきました。

学食でお昼ごはん、Bランチ、350円!

おいしかったです。

学生たち、かわいい。

人文学部表現文化学科では言葉を学び、伝えていくこと。

それをスキルとして学んでいきます。

そのためには、伝えたくなることを発見すること。

多くのことを発見できる自分になること。

それは、私の課題でもあります。

はりきってまいります!

::::::::::::::::::::

サロンセミナーのご案内

第八期が始まります。人生向上プログラムです。

http://yylifeartist.jp

お申し込みはこちらです。

https://asp.jcity.co.jp/FORM/?UserID=lifeartist&formid=127

 

学習院生涯学習センターにて講演(三回シリーズ)

5月31日、6月7日、6月14日(土) 15:15より90分

「『Jupiter』を通して自分を見つめる」

http://open.gakushuin.ac.jp/course/detail/2014/A/091/

 

写真.JPG

 

 

悩みは、そこにありません。

私が生きづらさを感じて、どうにもこうにも心がどうしようもなくなって、

「トンネル」に入ってしまった三十代初めの頃。

考えてみると、この頃の「トンネル」がなければ、今の自分はないと思います。

「トンネル」……気持ちや状況が八方塞がりのようになるのですが、悩んでも悩んでも答えは出ない。

でも、私がひとつだけ信じていたのが、

「答えは自分の中にある」

ということでした。

イルカと泳いでも、天使グッズを集めても、

セドナのヴォルテクスで瞑想をしても、

想い出だけが増えて悩みの解決にはならなかった。

そこで、心理学的なアプローチをしてみようと、

ユング派の分析家が自己探求のために受ける教育分析を二回受けました。

そして、アートセラピーの手法を学びながら自分を深掘りし、

ドリームセラピーを勉強しながらさらに自分を深掘りしていきました。

これはもう……きつい。本当にきつい。

逃げたいと言い訳を考えて逃げようと思うのですが、敬愛するファシリテーターの加藤さんから、

「今、本当に大切なことはなんですか?」

と、言われると、逃げている自分が目の前に浮かんで来て、それでは先に進めない、と半泣きで続けました。

夢のレポートの出来の悪さを指摘するコメントは私が逃げていることを鋭く突いていて、

怒って泣きながら返却されたレポートを壁に投げつけました。

でも、それがあったから強くなれたし、本当に自分が望んでるものが見えたのです。

だから、今は同じことで悩まない。

心が成長していくと悩みのレベルもあがります。

けれど、その答えを探していくプロセスは厳しくても、楽しい。

答えを見つけたら、ひとつ成長することを知っているからです。

こう思えるようになったのは、楽なことに逃げずに自分を見つめられたからだと思っています。

悩みというのは、それに気づかせるために自分が自分自身に仕掛けた罠のようなもの。

悩みというのは巧妙です。

実は、悩みの原因は悩みの中にあるのではないのです。

d0a8690aa8957422fe84605fcd09308369b38c14.02.2.9.2.jpeg

 

 

 

サロンセミナー第八期募集のご案内


LIFE ARTISTコースI〈ベーシック〉第八期の募集が始まりました。

「LIFE ARTISTってどんなことを学ぶのですか?」

という質問をよくいただきます。

人生を創造する。

いま、ここにいる私たちの時間は限られています。

その限られた時間の中で、私たちは幸せになりたいと思い、夢を実現したいと願いながら生きています。

たぶん、多くの人たちがそう思っているでしょう。

でも、思っているだけではなにも実現しない。

行動することと同時に、心を磨いていくことが大切です。

この「心を磨く」ということを、私たちはときどき疎かにしてしまいます。

「現実」に目を奪われて、心も現実に巻き込まれてしまうのです。

「悟り」は聖職者たちのものだけではありません。

日々の生活の中で、自分の心にきちんと向き合っていると、

ふっと大切なことに「気づく」瞬間があります。

その「気づき」「悟り」が、心を進化させるものであり、

人生を自分らしく、より高める方向に導く原動力となるのです。

これが、創造的に生きる、ということです。

LIFE ARTISTは、私がこれまで経験してきたこと、学んだこと、気づいたことをお伝えし、

受講生の皆さまとの対話を通して、お互いに学びあう場です。

第七期では、私と受講生のみなさんとの濃厚な対話によってお互いの理解を深め、多くの気づきを得ることができました。

第八期も、充実した新たな時間にしていきたいと思います。

詳細、お申し込みはこちらです。

皆さまにお会いするのを楽しみにしています。

http:// https://asp.jcity.co.jp/FORM/?UserID=lifeartist&formid=127

 

ここ.jpg

旅はあなたを強くする

二週間、ワシントンDC、そしてニューヨークを旅してきました。

旅に出ると、いろいろな人、いろいろなもの、いろいろな場面に出合います。

今回、思いかげずワシントンDCで三人、ニューヨークで四人の人と食事をしました。

Facebookで私が行くことを知って、連絡をしてきてくれた友人たちです。

私は海外で暮らした経験がないのでわからないのですが、

異文化の中で暮らしていると自分の国のことがよく見えて、

そして暮らしている国のこともよく見えてくる。

比較をして、どちらいいとかよくないという問題ではなく、

冷静に眺める力を持てるようになるのはいいことだなあと思いました。

その冷静さは強さでもあるんですね。

ワシントンDCとニューヨークという、まさに政治と経済の中心の都市にいて感じたこと、

それをひとことでは表せないのですが、

「人間、人類は、もともとこんな世の中を望んでいたのだろうか」ということを強く思ったのです。

そして、私が最近、「美しくあるということ」「美しい日本語」ということを、

どうしてこんなにも発信しているかということも、ふたつの都市を旅してわかってきました。

こんな話も含めて、次回の「言の葉塾の十二ヶ月 三月」(3月31日開催)では、

自分を表す美しい言葉、というテーマと共にお話ししようと思います。

もちろん、ご自分の美しさを表す言葉をお土産に。

詳細、お申し込みはこちらです。

 

https://asp.jcity.co.jp/FORM/?UserID=lifeartist&formid=125

 

今回の旅で出合ったものはたくさんありますが、その一部を。

 

美しく、大きなクリスタル。

IMG_0829.jpg

 

ウクライナ大使館にて

IMG_0869.jpg

 

ジョージタウンのマカロン。品のいい甘さ。そしてかわいい。

IMG_0872.JPG

 

METにて、こんな絵も。

IMG_1021.JPG

 

旅は心を酔わせます。

確かに、お昼も夜も、ワイン飲んでたかも……。

旅だからこそ。

 

「言の葉塾の十二ヶ月 3月」にて、お待ちしています。

https://asp.jcity.co.jp/FORM/?UserID=lifeartist&formid=125

言の葉塾の十二ヶ月 弥生三月へのお誘い

三月、弥生。

寒さとあたたかさを繰り返しながら、少しずつ春が満ちてくる。

春を迎えるのはなかなか大変な道のりがあると、この季節になると思います。

風にのり、沈丁花の花の香りがすると、春の到来を感じますね。

小さい頃から毎年、沈丁花の香りで春の訪れを感じていたことを思い出します。

さて、三月の「言の葉塾の十二ヶ月」

テーマは「美しい女性になる言葉」です。

日本語には、女性の美しさや特徴を表す多くの言葉があります。

もちろん、男性の特徴を表す言葉もたくさんあります。

さまざまな形容詞の中から、自分を表す言葉を見つけていきましょう。

きっと、今まで気づかなかった自分の「美しさ」を発見すると思います。

もちろん、私がおひとりおひとりの「美しさ」に、点火していきます。

サロンセミナーでいつも話をするのですが、「意識すること」はとても大切です。

無自覚に、流行語を多用していないか。

妙な略語で、自分を安っぽく見せてはいないか。

年齢と合わない言葉遣いをしていないか。

そんなことも含めて、自分の言葉を見直し、美しい言葉で磨いてみましょう。

3月31日(月)  18時半より 渋谷のヒカリエカンファレンスで開催です。

詳細、お申し込みはこちらからです。

皆さまにお会いするのを楽しみにしています!

 

https://asp.jcity.co.jp/FORM/?UserID=lifeartist&formid=125

 

C4C0C3FAB2D614.JPG

作詞家の言葉術を

立春を過ぎて、一段と寒くなりました。

旧暦では立春で節が変わり、エネルギーが入れ替わります。

新しいエネルギーを取り入れて、一年を創造していきましょう。

2月12日スタートする「言の葉塾の十二ヶ月」、毎月開催になりました。

毎月テーマを変えて、いろいろなアプローチで文章力、感性を磨いていきます。

作詞家の言葉術をお伝えしていきます。

2月は「ラブレター」を書きますよ。

渋谷ヒカリエカンファレンスにて。

詳細、お申し込みはこちらです。

  https://asp.jcity.co.jp/FORM/?UserID=lifeartist&formid=124

 

RIMG2585.JPG

 

答えはすべてあなたの中に

旧暦でいうと1月は年の暮れ。

節分2月4日から新しい年になります。ですから占星術の「今年」というのは2月4日から始まります。

ですから今はまだ2013年の運気。

世の中としては1月は年の始め。何もかも新しくスタートさせたい時期ですが、私にとって運気の「調整期間」のような感じです。新しくスタートさせたいこと、交渉事、新しい年の運気で始めたいので今はまだ「寝かせて」あります。

占い……というととても平たい感じがしますが、運気の流れ、気の流れ、世の中と自分を距離をおいて眺めてみると、確かに「流れ」があることを感じられると思います。当たるとか、当たらないではなく、占星術によって心を鍛錬することができるのです。21歳のときに算命学の宗家、高尾義政先生と出会い、先生が亡くなるまでの10年間に学んだことは、一生の心の宝物になりました。

新年2月からサロンセミナー第七期がスタートします。

心の中のベクトルを少し変えてみることで、大きな変化があります。

私が気づいてきたこと、学んだこと、悩んで悩んで得た境地……、

タフで、美しく在るための実践的なフィロソフィーをお伝えしていきます。

答えはすべてあなたの中に。

是非、LIFE ARTISTのサロンをお役立てください。

 

詳細、お申し込みはこちらです。

   https://asp.jcity.co.jp/FORM/?UserID=lifeartist&formid=121

 

イメージ.jpg

 

 

夢を見た

山を登る夢を見ました。

途中に土管よりも細いトンネルがあります。私はここを通れないと思っています。

躊躇するのですが、(これは産道だ!)ということに気づきます。

そして、「ママ、行くよ!」と言ってから、肩をすぼめてその小さなトンネルを抜けていきます。

そこは山の頂上で、休憩所には「AWARENESS」(気づき)というタイトルのCDが置いてあり、(やっぱりあったか)と思っています。

 

実は、この夢にはもう少し別の要素があって、私にとってのメッセージが読み取れます。

この部分だけと切り取るととてもわかりやすい夢なので、少しお話。

人生は山登りのようです。登りやすいところ、道のないところ、眺めのいい場所に出ることもある。

ケガするかもしれないし、虫に刺されるかもしれない。

筋肉痛にもなるし、もう登るのをやめたくなることもある。

でも、そうしながらも頂上をめざします。

頂上って何でしょうか? 夢が実現すること?

この夢は、私にとって励ましの夢であり、結婚は魂磨き、結婚を通して魂を磨きなさい、というメッセージです。

すこし、いや、かなり拡大解釈をしてみると、覚悟して生まれてきた自分を感じることができます。

「ママ、行くよ!」

と気合いを入れてトンネルに入っている。空の上から今の両親を選び、「ママ、行くよ!」と肉体に入ったのでしょう。

なぜこのように拡大解釈するかというと、このお正月、母が介護ホームから戻り、私の家に泊まりました。母はひとりで歩くのが容易ではなく、介助が必要です。記憶の蓋が開いてしまったかと思うほど、昔々の細かいことを話し、最近のことがおぼろげになっています。こうして老いて、弱っていく母と接していて、娘としては何とも言えない気持ちになったのが正直なところです。人生を全うしていく姿をこうして見せてくれている母の尊さは、何もにも代え難い学びです。ですから、今の私にとって「ママ、行くよ!」と宣言して、勇気を出して細いトンネルに入っていけたことは、何か励ましになるのです。

山の頂上には「真我」という境地が広がっているかもしれません。

ありのままの、美しい魂である自分を感じるかもしれません。

登山は、「AWARENESS」(気づき)を積み重ねていくことかもしれません。

 

私はきっと、「AWARENESS」を多くの人と共有したくて作詞家になったのかもしれないし、LIFE ARTISTという場を創っているのだと思いました。

是非、LIFE ARTISTのサロンにご参加ください。

回を重ねるごとに、場が熟成していくのがよくわかります。

毎回、みんなでシェアしていく中で得る「AWARENESS」が、人生を美しく変えていきます。

第七期がもうすぐ開講です。詳しくはこちらに。

https://asp.jcity.co.jp/FORM/?UserID=lifeartist&formid=121

 

DSC00800.JPG

 

 

アーカイブ

このページのトップへ