2013年1月/blog

HOME > blog > アーカイブ > 2013年1月

2013年1月

口にするもの

命が人の口に入るまで、どれだけの試練があるでしょう。

魚に食べられることなく卵から孵化して、

中くらいの魚に食べられることなく成長し、

大きな魚に食べられることなく冬の荒波を泳ぎきり、

そして人の口に入る。

命をいただくとは、その命の時間をいただくこと。

ただ、感謝。

 

RIMG2470.jpg

 

 

究極

生まれ持ったエレガンスは、努力によって磨かれる。

でも、そのことを誰も知らない。

だから、素敵。

 

金箔の白鳥。

波は黒蝶貝。

お椀です。

RIMG2440.JPG

限りある、果てしなさへ

ときどき、途方に暮れる。

生まれてから、27,331,200分を生きてきて、

これからその半分くらいの時間を生きるとして、

それが多いのか、そうでもないのか、途方に暮れる。

途方に暮れながら、秒針が時を刻んでいるのが、いま。

 

アブシンベル 夏の空

画像 508.jpg

ひとつ、呼吸

あきらめる前に。

それを受け入れられるか考えてみる。

受け入れられなかったら、あきらめない。

RIMG1665.JPG

Mother

「慈しむ」という言葉は、

涙があふれるほど美しい。

誰の心の中にもあるはずの、清らかな泉のように。

RIMG1794.jpg

Life is…

人生は、おとぎ話のよう。

その意味を読み解いていくと

ひれ伏したくなるような魂の物語に出会う。

これは、そのことを教えてくれた

私の一生の宝物の一枚。

P1050409.jpg

 

角度を変えて。

毎日、何かの発見があるはず。

小さな発見の連なりが、明日素敵な自分につながっていく。

スルーするのはもったいない。

RIMG1073.jpg

湧きあがるもの

大いなるものに生かされているこの人生を

いっぱいいっぱい喜びながら生きていきましょう、今年も!

太陽と大ピラミッド.JPG

年の始めに

心の中に揺るぎない一本の棒。

心の柱、心棒。

しっかりと立てて、今年も生きる。

RIMG2314.jpg

« 2012年12月 | メインページ | アーカイブ | 2013年2月 »

このページのトップへ